ブランディングの概念

ブランディングとは、企業・組織とステークホルダーを結ぶ「約束」

一言でいえば、ブランディングとは企業(会社)・組織とステークホルダーを結ぶ「約束」です。

ブランディングとはロゴやネーミングのデザインのことではなく、企業や組織にプロフィットをもたらす、経営に欠かせない「無形資産」です。

「企業価値の向上」を経営戦略の上位に位置付けブランド戦略に取り組むことが重要です。

「約束」のイメージ

ブランドとは、企業が提供する価値や品質を保証し、その背景にある企業の考え方や姿勢を示すものです。

ステークホルダーとの約束であり、その約束を守り続けることによって、信頼や満足を向上させ続けることができます。

UNITED FEELING

デザインの整合性とトーン&マナー

一貫性のあるコミュニケーションデザインの確立

カタログデザインや WEBデザイン等の各種デザインにおいて、ビジュアルイメージを個別に展開した場合、
ブランドイメージはバラバラに伝わってしまいます。そのためには一貫性のあるコミュニケーションデザインが重要です。

コニュニケーションのイメージ

表現に一貫性をもたせるために全体としてのトーンを合わせることが重要 (写真/イラスト/図および表組/コピーライティング等)

企業が消費者に対して一貫性のあるデザインでコミュニケーション活動を行うことで理想的な関係性を築くことが重要です。

これはコミュニケーション・デザインに求められる基本的な機能ですが、そのあり方が激しく変化しています。

ソーシャルメディアの普及も相まって、メッセージが送り手側の思惑通りに伝わりにくくなっています。

これまでのように、単にターゲットに向けてメッセージを送るだけでメッセージを受け取ってもらえる時代は終わりました。

「コミュニケーション・デザイン」とは、どのようにメッセージを伝えるかということだけでなく、

どのような環境で展開することが良いのかを俯瞰して考え、最良の環境を設計・デザインしていくことなのです。

CI & VI

CI(コーポレートアイデンティティ)とVI(ビジュアルアイデンティティ)の違いとは

CIとは、もともとコーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略称です。

企業が理念やビジョンを社会と共有し、ブランドイメージをつくることで、より良い会社をつくろうとする企業戦略のことです。

CIの中で、企業のシンボルマークやロゴタイプなどの視覚デザイン(ビジュアル)の統一をしようという計画が

VI、つまりビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)と呼ばれているものです。

ブランディングを構成する要素は他に、マインド・アイデンティティ(MI)、ビヘイビア・アイデンティティ(BI)があります。

brand_branding = MI + BI + VI