Strategy × Design

ブランドアイデンティティとは

独自のブランドイメージを構築することで、多くの人々に存在を認知してもらう

CIとは、もともとコーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略称です。

理念やビジョンを社会と共有し、企業内外に統一したブランドイメージを構築することで、より良い会社をつくろうとする企業戦略を指します。

その様なCIの中で、企業の象徴となるシンボルマークやロゴタイプといった視覚デザイン(ビジュアル)の統一をしようという計画を

VI、ビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)と呼びます。つまり、VIとは、CIという企業戦略を構成する要素のひとつなのです。

CIはシンボルやロゴタイプをデザインすることと誤解されることも多いのですが、それはCIの本質的な目的ではありません。

CI Corporate Identity

コーポレート・アイデンティティ

[ 企業の理念やビジョンを具現化し展開します ]

CIとはコーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)の略称で、企業文化を構築し特性や独自性を統一したイメージやデザイン、メッセージで発信することで社会と共有し企業価値を高めていく企業戦略です。CI は企業が掲げてきた理念やビジョン、事業内容に基づいて自らの存在価値を体系的に整理し理念やそれに基づく行動指針を企業内外で共有する活動を行うものです。

  • 企業理念・ビジョン策定
  • 企業スローガン開発
  • シンボル・ロゴマークデザイン
  • 名刺・封筒・レター等のデザイン
  • 車輌デザイン・サイン計画
  • WEBサイトのデザイン運用
  • ロゴデザインガイドライン制作
  • その他

VI Visual Identity

ビジュアル・アイデンティティ

[ 視覚的な展開において整合性と統一化を図ります ]

VIとは、ビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)の略称で、製品ブランドや商品ブランド、サービスブランドなどが対象となります。シンボル・ロゴマーク等のデザインを決められた使用ルールで様々な広告物や印刷物に展開し、顧客・取引先・求職者・社会に対して視覚的統一性のあるブランド訴求を行うことで「商品価値のブランド化」のために行う経営戦略の1つです。

  • ビジュアルコンセプト開発
  • ビジュアルイメージ開発
  • ロゴデザインガイドライン制作
  • 広告・PRトータルプランニング
  • 各種印刷物のデザイン制作
  • WEBサイトのデザイン運用
  • パッケージデザイン・空間デザイン
  • その他

DP Development & Produce

開発・デザインプロデュース

[ デザインからプロデュースまでトータルで提案します ]

商品デザインのアイデア段階から参画し、独自性や差別化を明確にし、その魅力をリサーチ・検証し、社会的有用性、創造性、パフォーマンス・バイ・コスト、流通適合性などを検証総合的に判断し単なるデザインを施した製品を開発するのではなくマーケットを意識した商品をデザイン開発し、販路を開拓するとともに、プロモーション活動やブランド開発までプロデュースします。

  • アイデア創出
  • アイデアスクリーニング
  • コンセプト開発
  • マーケティング戦略の立案
  • 事業分析
  • 製品デザイン開発
  • 市場テスト
  • 商品化

開発プロジェクトの流れ

プロジェクトのゴールを達成するための課題を明確にし、目的に応じて柔軟に対応させていただきます。

  1. Phase 1

    【 現状について 】

    「強み・弱み」の明確化

    企業や事業の現状や状況を把握し、競合他社と比較したうえで何が強みで、何が弱みなのかを明確にしていきます。そのためには、まずトップや現場の皆様方へのヒアリングをさせていただきます。そして、現状のコミュニケーション展開についてのオーディットと報告、業界動向や社会的背景、競合についての調査・分析までを行います。ここでようやく本質が明確になりプロジェクトのゴールを設定し共有いたします。

    理解・共有調査・分析
  2. Phase 2

    【 ブランドの定義 】

    「らしさ」の創出

    ブランドの持つ「らしさ」を抽象的なイメージではなく「言語化」し、デザインすることで「可視化」します。プランニング段階では、ブランドコンセプトやブランドメッセージの策定、トーン&マナーの設定を主体に行います。開発段階においてはシンボルやロゴマークのデザイン、ステートメント開発、キービジュアル開発などのデザインを中心に行い今後の展開に向けたガイドラインの作成やコミュニケーション計画を決定します。

    プランニングデザイン開発
  3. Phase 3

    【 認知と継続 】

    「展開・運用」の実行

    社会に向けて発信・展開することで認知を得ることが可能になります。ここで重要なことは一貫性のあるコミュニケーションを確立することです。各メディアや媒体、各種制作物において統一感がなければ「らしさ」は決して伝わりません。そして、一方的にメッセージを発信するのではなく状況やタイミングを見計らって柔軟に対応することも必要です。ブランドは立ち上げて終わりではなく継続的に運用することに意味があります。

    展開運用