2015 | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2017年11月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • BACK

    [ ブランディング開発論/手法 ]

    ブランディングにおける「選択と集中」とは?

    日鉄住金、「イーブス」「アソコ」などを運営する遊心クリエイションを清算。 来年1月末をめどに全店の営業を停止し、清算手続きに着手する。清算結了は来年9月をめどとしている。(繊研新聞より一部引用)

    現在の店舗数はレディス・メンズの「イーブス」34店、レディスの「グランデベーネ」7店、
    低価格雑貨業態の「アソコ」4店の合計45店である。

    主力業態のイーブスは、グローバルSPA(製造小売業)をはじめとする競合激化や不良在庫が膨らんだこと、
    不採算店舗を数多く抱えたことで不振が続いていた。一時期大きな話題を呼んだアソコも、店舗ごとの収益性にばらつきがあり、効率性の悪さもあって、 収益面では厳しい状況だった。

    アパレル業界では「イーブス」ブランドの方が注目度が高かったが、世間的には「ASOKO」ブランドの方が注目されていた。

    遊心の主要業態は「イーブス」で、「ASOKO」はアクセントの育成業態に過ぎない。
    しかし世間は主客反対の認識を持っていたのではないでしょうか?

    【 イーブス/アパレルブランド 】

    ユニクロも含めた低価格グローバルSPAブランドに対抗した低価格SPAブランド。
    センスもデザイン性も良くブランドイメージは確立していた。しかし、今一つ存在感がなかったように感じる。
    この価格帯を買う層は、イーブスが出店していた郊外型ショッピングセンターに来る層に対して、
    響かなかったのではないでしょうか。

    【 ASOKO/雑貨ブランド 】

    ハイセンスでデザイン性も高くブランドの認知度も高く話題性も豊富だった。
    しかし、ビジネス構造的に雑貨の型数は多いにも関わらず単価は安い。
    となると、大量生産による製造費引き下げしか利益率を確保できない。
    そうするとたった4店舗分の生産ロットでは採算性の改善はほとんど見込めない計算になる。
    雑貨は単価が低い分、製造ロット数は大きくなり4店舗分では雑貨の経済ロットには達しなかったのでしょう。
    4店舗体制から増やせないという状況で事業としては破綻したと考えられる。

    卸売り業務の廃止で直営店一本槍という経営方針の変更も会社清算を結果的に早めたのではないかとも思える。
    「選択と集中」は一昔前に流行った言葉だが、もしその博打に外れた場合、他に逃げ道がないことを意味する。

    「液晶を選択し集中した」シャープもそれと同じことなのでしょう。

    [ ブランディング開発論/手法 ]

    企業のM&Aに見るブランドイメージとデザイン

    先週うがい薬でお馴染みの「イソジン」がブランドの製造販売権を 明治から米国企業(ムンディファーマ)に移管するとの発表があったことをご存知ですか?

    いわゆるブランドの合併・買収(M&A)は、近年数多く見られますが世間の反応はどうなのでしょうか?
    問題となるのが、合併・買収後の社名です。社名の付け方には大きく分けて2つの方法があります。

    【 お互いを尊重し結合した長々とした社名 】

    継続性があり馴染みやすく事業内容が明確に伝わります。
    しかし、長々とした社名は言いにくかったり、新鮮味がなかったりすることも含んでいます。

    • 三菱東京UFJ銀行(東京三菱銀行、UFJ銀行)
    • 東京海上日動火災保険(東京海上火災保険、日動火災海上保険) 
    • セブン&アイ・ホールディングス(セブン・イレブンジャパン、イトーヨーカ堂、デニーズジャパン)

    【 合併を機に心機一転した新しい社名 】

    新しいブランドイメージを構築する意味ではインパクトがあり新鮮さが伝わります。
    しかし、認知度や歴史などは継承されないためリスクも含んでいます。

    • みずほ銀行(日本興業銀行、富士銀行、第一勧業銀行) 
    • 損保ジャパン(安田火災海上保険、日産火災海上保険) 
    • アステラス製薬(山之内製薬、藤沢薬品)

    合併後の新社名はブランドイメージやブランド価値、消費者の購買心理にも大きく影響する重要な課題です。
    • 「日本語・英語問わず使用する言葉自体に馴染めるか」• 「新鮮さが感じられるか」
    • 「長くなっていないか」• 「パッと見てその意味が伝わるか」
    などが社名変更(ネーミング開発・ロゴ開発)のポイントとなりそうです。

    [ ブランディング開発論/手法 ]

    ネーミングヒットの法則を知ってますか?

    ネーミングにはヒットの法則があることをご存知ですか?① ネーミングは「音」。語呂がよく、リズム感があること。② ネーミングは「文字」である。文字として見たときにインパクトがあること。会社名や商品、サービスなどのいわゆる「ブランドネーム」を何にするかはとても重要です。響きが良く、皆んなに覚えてもらいやすい。そして、時間が経っても色あせない、そんな優れたブランド名を考えるのは容易ではありません。

    ==================================================

    長さはアルファベットで5文字から10文字以内

    歴史的に見て成功しているブランド名のその多くが英語のアルファベット表記で、5文字以上で10文字以内である。これは短くて覚えやすい、書きやすいだけではなく、メールやTwitterなどのデジタルメディア上でもメリットが大きい。

    • HONDA (5文字)
    • Disney (5文字)
    • Microsoft (9文字)
    • Starbucks (9文字)
    • Facebook (8文字)

    同じアルファベット文字が2回以上繰り返されている

    英語圏の人達から見ると、ブランド名に同じ文字が2回以上入っていると、可愛いイメージがあり愛着が湧きやすい。

    • Apple (pが2回)
    • Google (oが2回)
    • CocaCola (Cが3回、oが2回)
    • Toyota (oが2回)
    • Canon (nが2回)

    子音 (硬音) の文字を最低でも1つ含んでいる

    子音文字とは、発音した時に「ア・イ・ウ・エ・オ」の音以外になる文字で。

    その中でも硬音は英語で発音した際に硬い印象がある文字。具体的なアルファベットでいうと、”Z, B, T, G, Y, H”がそれにあたります。

    • SONY (Y)
    • IBM (B)
    • Uber (B)
    • BMW (B)
    • Amazon (Z)

    ネーミングに関してはこれまでの方法論がなかなか通用しなくなってきています。既に世界のどこかで利用されている名前は使う事が難しく、日本語では発音出来ても、英語圏の人達には発音しにくい名前は定着しにくいのも事実です。きちんと開発すれば効果が確実に望めるのことも事実です。

     

    [ ブランディング開発論/手法 ]

    ブランドイメージを作るのは企業か?消費者か?

    米スターバックス、クリスマスシーズン用カップに対する論争。 アメリカでは、11月上旬からスターバックスの赤いカップが「クリスマスを巡る論争」の的になっている。今年登場したクリスマスシーズン用のカップからクリスマスらしい絵柄が消えたのは、スターバックスがキリスト教から距離をおこうとする意志の現れだと言う人たちが現れたのだ。この主張への賛否はさておき、ひとつ明らかになったことがある。それは、スターバックスのカップが「クリスマスを象徴する文化的なアイコンとみなされるまでの存在に上り詰めている」ということ。通常、ブランドビジネスにおいては、こうしたブランド連想は非常に好ましい現象とされるが、今回のように強力に文化的なシンボルの域に達すると、それに付随する責任も生じてくる。望もうと望まざると、情報の受け手が勝手に作り出した期待に応えなければいけなくなるのだ。(Forbs Japanより一部引用)

    ==================================================

    自社ブランドと結び付ける印象のコントロール

    顧客側の誤解により「クリスマスを巡るスターバックス論争」のような事態が発生した場合、どうしたらよいのか。まずは、顧客の生活の中で、こういった文化的な価値がどのような存在なのかをしっかりと認識することが重要です。信仰、コミュニティー、そして家族に対する基本的な価値観が消費者の購買行動に大きな影響を及ぼすという事実。スターバックスの赤いカップを巡る論争は、非常に強い信仰を持っている人々がいて、その価値観が彼らの購買するブランド選択に大きな影響を与えるということをよく示しています。クリスマスのシンボルとして赤いカップにそれだけ熱い思い入れを持ってくれているという事実は、スターバックスが築き上げたブランド力を象徴する称賛と捉えることもできる。しかし、同時に、自分たちがつくり出した文化的アイコンに対する反発が起こりうることを認識し対処に備える必要もある。

    消費者がブランド・ストーリーを勝手に語る

    ブランド側が明確なストーリーを描けていないと、他者がそれを勝手に語り始めてしまうということです。そういう意味では、スターバックスが、クリスマスを愛する顧客にとって自社のカップがどれだけ大きな存在であるかを明確に認識している必要があったといえる。政治的に正しくあることに極めて敏感な現代社会においては、文化的価値を認識するという単純なステップを忘れないことが、顧客との関係維持において大きなプラスとなるのです。

     

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    Onomichi U2内のHotel Cycleへ

    しまなみ海道サイクリングの拠点としてのデザインホテル。しまなみ海道は、広島県の尾道から愛媛県の今治へとつながる、高速道路の愛称。基本的に自動車専用道路ですが、島々をつなぐ橋の部分だけを、高速道路を走れない125cc以下の小型自動二輪車、自転車、歩行者にも解放しているのです。

    そんなサイクリストの聖地『尾道U2』の中にある宿泊施設HOTEL CYCLEに泊まってみました。

    デザインは実に上質かつシンプル。 無垢の木の自然な風合い、尾道の造船を思わせる鉄、ガラス、タイル、石など素材感とテクスチャーをシックに組み合わせた落ち着いた大人向けの空間。

    室内の家電や備品、アメニティも厳選されたブランド品とオリジナルグッズで構成されており
    質の高さと嫌みのないラグジュアリー感が絶妙に融合されています。

    ホテルのテーマでもある「Cycle, Travel and Good things」(自転車と、旅とよきもの)の通り
    次回は、愛車を持ち込み瀬戸内しまなみ海道サイクリングロードを愉しみたいものです。

    デザイン開発

    UMA/design farm アートディレクター / デザイナー
    代表:原田 祐馬
    ONOMICHI U2、HOTEL CYCLEロゴデザイン

    https://www.onomichi-u2.com

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    ONOMICHI U2 <複合施設/地域ブランディング>

    ONOMICHI U2は、元海運倉庫(公共物件)をサイクリストの聖地・しまなみ海道の一拠点として、複合施設にコンバージョンしたもの。 徹底的にサイクリストをコンセプトの中心におき、ホテル、ベーカリー、カフェ、レストラン、ショップ、そしてバイクのメンテナンスもお願いできる自転車メーカーのショップが入っており、 造船所が建ち並ぶ海を目前に眺めながら過ごす時間は優雅で最高でした。

    バイクと泊れるホテル

    ホテルは自転車に乗ったままチェックインでき、個室の壁には車体をかける場所も完備。お気に入りのバイクと一緒に泊れるホテルは恐らく日本初。カフェにもショップの前にも、バイクスタンドがさりげなく置かれていて、自転車好きの全てを肯定しています。 一泊約1.5万円と、決して安くはありませんが、予約でいっぱいです。

    元県営上屋2号

    2012年に広島県からの公募で事業者が決定。施設整備には県からの補助がいくらか入った他、民都機構の融資も活用し民間でリノベーションを実施。2014年にオープンし、その後は当社が市に賃料を支払いながら運営しているとのこと。建物側面には、瀬戸内オーシャンビューのウッドデッキが遊歩道のように続いていて、前にはイベント利用できる少し広いスペースもある。権利関係はちょっと複雑で、このウッドデッキ部分は尾道市の管轄なんだとか。市と県と民間が一体となって、場のポテンシャルを非常に上手く活かしている好例です。

    地域ブランディングとリブランディング

    運営にあたるディスカバーリンクせとうちは、Uターンして地元に帰って来たメンバーが中心になって立ち上げた会社。この事業の他にも瀬戸内の伝統産業のリブxンディング等を手がけており、ショップではそれらU2ブランド商品も購入可能。公共施設が、こんな風に、もう一度、土地にご縁のある仲間達によって生まれ変わる。まさに地域ブランディングと云えるでしょう。

    デザイン

    谷尻 誠(Makoto Tanijiri )
    ONOMICHI U2 設計デザイン担当
    SUPPOSE DESIGN OFFICE 代表

    UMA/design farm
    アートディレクター / デザイナー
    代表:原田 祐馬
    ONOMICHI U2、HOTEL CYCLEロゴデザイン

    柿木原 政広(Masahiro Kakinokihara )
    アートディレクター
    ONOMICHI U2内施設ロゴデザイン
    (HOTEL CYCLE、GIANT STORE を除く)

    内田 真弓(Mayumi Uchida)
    グラフィックデザイナー/アートディレクター
    ONOMICHI U2内施設ロゴデザイン
    (HOTEL CYCLE、GIANT STORE を除く)

    名和 晃平(Kohei Nawa)
    彫刻家/京都造形芸術大学准教授
    ULTRA SANDWICH PROJECT ディレクター

    https://www.onomichi-u2.com

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    % Arabica@東山(カフェブランディング)

    世界一美しいコーヒーが楽しめる店。八坂の塔を背に坂を下ると、透明感あふれる近代的な外観と木の温もりを感じさせる場所がある。そこは世界60カ国以上を旅したオーナー東海林克範が厳選したスペシャルティーコーヒーを扱う店%Arabica。最高のコーヒーを提供する為、ハワイに農園を所有し世界中からスペシャルティコーヒーを貿易し世界最高峰のエスプレッソマシンの海外輸出元を務めるなどコーヒーの総合商社としての一面も。

    そんなこだわりの一杯をラテアート世界チャンピオンの山口淳一バリスタの美しいラテアートと共に楽しむことができました。(美味しそうに撮影してくださいねw。山口氏談)

    味は勿論、フレンドリーなスタッフとの会話やこだわり抜いたプロダクトに囲まれた空間で過ごすひと時は最高です。機会があれば是非、オススメです。

    http://www.arabica.hk/#

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    河合寛次郎記念館@東山(京都)

    住まい兼仕事場を訪ねて。日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用する民藝運動。その中心的人物が柳宗悦、濱田庄司そして陶工・河井寛次郎である建物のみならず、館内の家具や調度類もすべて寬次郎のデザイン、あるいは蒐集によるもので、それぞれが個性を発揮しつつも、不思議な統一感と世界観を生み出し当時の暮らしや制作現場、空気までもが感じ取れるまさに異空間でした。

    寛次郎が残した言葉「暮しが仕事、仕事が暮し」の意味を噛み締めつつ
    創作意欲が掻き立てられる貴重な時間を過ごすことができました。

    http://www.kanjiro.jp

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    くるみの木@一条(奈良)

    カフェ文化の先駆け。奈良の中心地から少し離れた線路沿いの、のどかな場所に佇む「くるみの木」。
    緑深い敷地内には、生活道具や食材が並ぶ「cageカージュ」着心地の良い服や小物が並ぶ「ノワ・ラスール」の
    2つの雑貨店とケーキ工房が併設されています。

    オーナーは空間コーディネーターとしても知られる石村由起子さん。
    カフェという概念がまだ無かった30年も前から自然を取り入れたライフスタイルを提案。

    ランチがおいしいと評判なのですが、、、間に合わなかったので次回は是非。

    http://www.kuruminoki.co.jp/ichijyo/

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    奈良、京都、ときどき大阪

    [ カメラマンとして撮影の旅へ ]

    依頼があるとシャッターを切ることがあります。
    少し前にも会社案内・WEB用のポートレートと施設外観の撮影に伺いました。
    今は現場での画像確認や後処理が容易なので昔と比べると少しプレッシャーからは解放された気がします。
    今回は自由な時間もあるのでいつもとは違う場所へも足を運ぶつもりです。
    また戻りましたらご報告させていただきます。お楽しみに。

     

    [ ブランディング開発事例 ]

    ミナカケル@スパイラルガーデン

    [ ブランド設立20周年の展示会へ ]

    敬愛する皆川明さま。
    初めてお会いしたのは今から15年程前のことで私がまだ20代の頃でした。
    お見受けする印象とは裏腹にとても情熱的で芯のある方でした。
    その後、何冊も著書を拝読させていただいたのですが
    中でも特に影響を受けたのが松浦弥太郎監修「ミナを着て旅に出よう」でした。
    この中では、学生時代の挫折や洋服を作りながら築地でのバイト生活時代のことなどが書かれています。

    何よりも共感したのは、ファッションデザイン業界の慣習に対するアンチテーゼです。
    何故、洋服は半年毎にセールをし自らの価値を下げるのかという疑問に対して
    「一度生まれたものは貴重な財産として、常に蓄積した状態でありたい。そして、今迄に生まれた柄を再度作り直して
    新しい洋服を作ること、そしてセールは絶対しない」と言う考えを実践されていることです。

    「100年以上続くブランドをつくる」という皆川さんの決意が
    存分に体感できる素晴らしい展示会でした。

    https://kinarino.jp/cat6-ライフスタイル/4384-実は凄い苦労人%E3%80%82ミナペルホネンの皆川明さんの歴史

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    お陰参り

    7年目の伊勢神宮へ。江戸時代、人々が一生に一度は参拝したいと願った伊勢神宮。この時代の人口は3000人だったと言われていますが実に6人にひとりが伊勢に参拝したという記録が残されています交通の発達していなかった当時、これほどまでに多くの人々を駆り立てたものはいったい何だったのでしょうか?

    当時、幾日もかかる歩き旅は、一種の修行のようなもので、その道中、人から施しをうけることで、
    神様の「お陰」を感じながら旅を続けていたようです。

    このことからお伊勢参りは、「お陰参り」とも称され、
    神様のおかげで暮らしていけることへの感謝の意味が込めれています。

    今では交通も発達し一生に一度と言わず参拝できる世の中になりましたが、
    日々の暮らしが平和で健康であってこそのことなので感謝を込めて「お陰参り」を毎年させていただいております。

     

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    大人とは 、、、

    サントリー毎年恒例、伊集院静の「檄文」。
    美しい言葉でストレートに心に響き、成人のみならず私たちにも多くの示唆を与えてくれる。

    彼は、この「贈る言葉」を書くにあたり著書のなかでこのように述べている。
    年によって表現、言い方はまちまちだが、伝えたかったこと、わかって欲しいことはひとつしかない。
    それは、私は君たちの夢を信じているということだ。
    人はこの世に生まれてきた瞬間から何にでも、どんな人にでもなれる可能性を手にしている。
    このことはどんな時代でも同じだ。 生きる上の普遍の可能性と言っていい。 君たちの夢は叶うのだ。
    それを信じなくてはつまらない一生になる。 あきらめた瞬間から真の幸福は遠のくものだ。
    確固たる気持ちを芽ばえさせなさいと言ったが、わかり易く言うと
    君は本気、本心で何かに向かって歩いたことが何度ありますか、と言いたい。

    胸に突き刺さる言葉たちである。
    何だか大人も悪くない。