ONOMICHI U2 <複合施設/地域ブランディング> | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2017年10月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • BACK

    ONOMICHI U2 <複合施設/地域ブランディング>[ ブランディング研究/リサーチ ]

    ONOMICHI U2は、元海運倉庫(公共物件)をサイクリストの聖地・しまなみ海道の一拠点として、複合施設にコンバージョンしたもの。 徹底的にサイクリストをコンセプトの中心におき、ホテル、ベーカリー、カフェ、レストラン、ショップ、そしてバイクのメンテナンスもお願いできる自転車メーカーのショップが入っており、 造船所が建ち並ぶ海を目前に眺めながら過ごす時間は優雅で最高でした。

    バイクと泊れるホテル

    ホテルは自転車に乗ったままチェックインでき、個室の壁には車体をかける場所も完備。お気に入りのバイクと一緒に泊れるホテルは恐らく日本初。カフェにもショップの前にも、バイクスタンドがさりげなく置かれていて、自転車好きの全てを肯定しています。 一泊約1.5万円と、決して安くはありませんが、予約でいっぱいです。

    元県営上屋2号

    2012年に広島県からの公募で事業者が決定。施設整備には県からの補助がいくらか入った他、民都機構の融資も活用し民間でリノベーションを実施。2014年にオープンし、その後は当社が市に賃料を支払いながら運営しているとのこと。建物側面には、瀬戸内オーシャンビューのウッドデッキが遊歩道のように続いていて、前にはイベント利用できる少し広いスペースもある。権利関係はちょっと複雑で、このウッドデッキ部分は尾道市の管轄なんだとか。市と県と民間が一体となって、場のポテンシャルを非常に上手く活かしている好例です。

    地域ブランディングとリブランディング

    運営にあたるディスカバーリンクせとうちは、Uターンして地元に帰って来たメンバーが中心になって立ち上げた会社。この事業の他にも瀬戸内の伝統産業のリブxンディング等を手がけており、ショップではそれらU2ブランド商品も購入可能。公共施設が、こんな風に、もう一度、土地にご縁のある仲間達によって生まれ変わる。まさに地域ブランディングと云えるでしょう。

    デザイン

    谷尻 誠(Makoto Tanijiri )
    ONOMICHI U2 設計デザイン担当
    SUPPOSE DESIGN OFFICE 代表

    UMA/design farm
    アートディレクター / デザイナー
    代表:原田 祐馬
    ONOMICHI U2、HOTEL CYCLEロゴデザイン

    柿木原 政広(Masahiro Kakinokihara )
    アートディレクター
    ONOMICHI U2内施設ロゴデザイン
    (HOTEL CYCLE、GIANT STORE を除く)

    内田 真弓(Mayumi Uchida)
    グラフィックデザイナー/アートディレクター
    ONOMICHI U2内施設ロゴデザイン
    (HOTEL CYCLE、GIANT STORE を除く)

    名和 晃平(Kohei Nawa)
    彫刻家/京都造形芸術大学准教授
    ULTRA SANDWICH PROJECT ディレクター

    https://www.onomichi-u2.com