ブランディングニュース | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2017年9月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • BACK

    [ ブランディングニュース ]

    ロゴデザインの変更は、企業の決意表明である

    人気画像共有アプリのインスタグラム(フェイスブック傘下)は、これまでビンテージカメラ風だったモバイルアプリのアイコンのデザインを変更、 よりシンプルでカラフルなデザインに刷新した。ポラロイドカメラを思わせるこれまでのアイコンのデザインを変えたインスタグラムには、批判の声も相次いでいる。だが、すでに消費者の間に浸透した自社 ブランドのロゴをシンプルなものへと変更した企業は、同社以外にも数多くあります。

    ==================================================

    ロゴデザイン変更の理由

    インスタグラムのデザイン部門を率いるイアン・スパルターはデザイン変更の理由について、
    オンラインプラットフォーム「ミディアム(Medium)」の投稿の中で、次のように語っている。

    ● 従来のアイコンはユーザーのコミュニティーを反映したものではないような気がし始めていた。
    ● 自社サービスを利用する人たちの多様性をより適切に表現すること。

    知らない間に変わっているロゴ

    いつの間にか変わってる。今さらといえば今さら。ミニマルなフラットデザインがトレンドの中、Instagramのアプリだけが従来型のデザインでホームスクリーンの中で浮いていた。 今回のリニューアルは賛否両論あるが順当な流れでのデザイン変更なのではないでしょうか。ちなみに、Instagramの連携アプリ、レイアウトとブーメランも同様のスタイルのデザインにリニューアルされてます。

    決意表明には明確さとデザインが重要

    今回のインスタグラムのアイコン変更も大きな変更なのですが、インパクトという意味ではUberのロゴとアイコンの変更も大きかったのではないでしょうか。ロゴ、アイコン、マーク、シンボルなどのデザイン変更は本当に企業にとっては大きな勝負である。ひらがな表記にした銀行は親しみやすさを表明。富士重工は会社ではなく自社製品重視を表明。 ということなのでしょう。一方では任天堂のように、扱う製品の変化に伴い、デザインを変える場合もある。新しいロゴデザインとは、たとえ反発を買うことになっても進化に向けての自らの意思を示そうとする、企業の決意の現れなのです。

    関連記事

    ci_corporate_identity > CI(コーポレート・アイデンティティ)とは

     > VI(ビジュアル・アイデンティティ)とは

     > 強いブランドのロゴデザインには秘密がある

     

    [ ブランディングニュース ]

    弊社ウェブの全面デザインリニューアル

    ご利用いただくお客様の視点に立ち、事業や概況、今後の取り組みをお伝えできるよう改善いたしました。
    デザインリニューアルに伴い、従来のウェブサイトではお伝えしきれなかった内容も分かりやすく更に詳しく紹介しております。 引き続き、コンテンツの拡充を図り、より一層ウェブサイトを充実してまいります。
    今後とも株式会社チビコをよろしくお願いいたします。

    [ ブランディングニュース ]

    株式会社チビコは6年目を迎えました

    株式会社チビコは、6年目を迎えることとなりました。

    多くの方々の支えや御協力があってこその今日だと感じております。

    これまでの5年間を振り返れば色々とありましたが運も味方につけ順調にこられたと思います。
    ですが、満足はしていません。まだ出来るコト、やれるコトが山積しているからです。

    次の10年目に向けてブランディングのデザインと戦略に一層磨きをかけ精進してまいります。

    これからの株式会社チビコにご期待ください!

    http://chibico.co.jp/

    [ ブランディングニュース ]

    暑中お見舞い申し上げます

    相変わらずの暑さが続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
    忙しさにかまけて更新が滞っておりましたが再開させていただきます。
    WEBサイトのリニューアルも進行中ですのでご期待ください!
    暑さはまだ暫く続きますが、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

    [ ブランディングニュース ]

    新年のご挨拶

    新年明けましておめでとうございます。
    いつもより長い冬休みでしたが、ゆっくり過ごすことができましたでしょうか。
    また新たな1年がスタートしましたが気を引き締めて頑張って参りますので引き続きよろしくお願いいたします。

    http://chibico.co.jp/

    [ BLOG ]

    菊池敦展へ(デザイン展)

    青森県立美術館のVI計画や、「サリー・スコット」「ミナ ペルホネン」のブランド計画やデザイン、雑誌『「旬」がまるごと』や『装苑』のエディトリアルデザインなどを手がける、アートディレクター/デザイナーの菊地敦己。美術大学の彫刻科在学中から、コンテンポラリーアートのプロデュースやグラフィックデザインの仕事を始め、早くからアートとデザインの世界に関わり、「芸術と社会」を見つめた独自の活動を続けています。本展は、“Creation Is Free. Production Needs Fee.”と題し、特設ウェブサイトとギャラリーで構成されています。ウェブサイトでは、色やサイズなどをカスタマイズできるデザインオブジェクトのデータがダウンロード可能な状態で公開されており。一方のギャラリーでは、実際にそれらのデータを使用したポスター(作品)とTシャツ、ノート、マグカップ、トートバッグ、マッチなどのグッズ(商品)が展示されます。インターネットやSNSの普及により、画像やデータが簡単にシェアされ、あっという間に世界中に拡散される現在、「クリエイションはフリー(自由/無料)なのか? グラフィックデザインとは何か?」を考え、問いかける展覧会です。

    http://atsukikikuchi.com/

    [ ブランディングニュース ]

    株式会社チビコは5年目を迎えました

    時の経つのは早いもので気がつけば株式会社チビコも5年目に突入。

    何も無かったと言えば嘘に成りますが恵まれた状況と環境、そして仲間の協力で楽しくここまで来ることができました。
    これからも立ち止まらずに未だ見ぬ景色を見に行きたいと思います。

    次の10年目に向けてブランディングのデザインと戦略にも一層磨きをかけ精進してまいります。

    今後とも一層のご愛顧、ご支援の程よろしくお願いいたします。

    株式会社チビコ

    http://chibico.co.jp/

    [ ブランディングニュース ]

    Mac Proの期待を裏切らないデザイン

    米国 Apple から Mac Pro が発売されました。その価格は予想通り、他のデスクトップと比較して遥かに高いもの。価格はクアッドコア、デュアル GPU モデルが31万8,800円から、6コア、デュアル GPU モデルが41万8,800円から。最高スペックで構成した場合、その価格は100万円を超えるものになる。

    Mac Pro はゴージャスデザイン(しかも、意外と小さい)
    Mac Pro を見て美しいと思わない人はいないだろう。デバイスは円筒形のデザインで、ピアノブラック仕上げとなっている。それだけではない。Macworld が指摘しているように、Mac Pro は意外と小さいのだ。その高さはわずか25.1cm でしかなく、このデザインは Mac Pro を市場で最も小型でありながら、もっともパワフルなデスクトップにしている。デザインは消費者にとって重要なものです。そしてこの面で、Apple の Mac Pro は他のデスクトップ製品を圧倒している。

    http://www.apple.com/mac-pro/

    [ ブランディングニュース ]

    ヴィヴィアンによるヴァージン航空の制服デザイン

    デザイナーVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)がデザインを担当した、英国航空会社ヴァージン アトランティック航空の新しい全ユニフォームが披露された。約1年にわたって行われてきたスタッフの試着を経て、キャビンクルーやパイロットをはじめ、空港ラウンジ「クラブハウス」や「ヴァージン ホリディ」のスタッフなど、全22種類を一新。2014年9月1日から導入が予定されている。

    ヴィヴィアン・ウエストウッドは女性キャビンクルーのユニフォームとして、90年代に発表した「Bettinaジャケット」にインスパイアされた赤いジャケットと、後ろにダーツをあしらった赤いペンシルスカートのツーピースをデザイン。手描きの羽のデザインはヴァージン アトランティック航空で繰り返し使われている象徴的なモチーフで、地上職員のために新しく追加されたバッグにもこの羽がデザインされている。また、1940年代のフランスのクチュールデザインに用いられたカッティング技術を参考に作られたダブルのドレープコートと、ブランドのアイコニックなシューズ「アワーグラスヒール」をアップデートしたシューズをデザイン。男性クルーには、ワインレッドのウール素材を使用した、シャープなサビル・ロウスタイルのスリーピーススーツを提供する。また、両社が独創的なデザインに加えてサスティナビリティを重視していることから、素材にはペットボトルをリサイクルしたポリエステル糸やナノ加工などが施された。

    http://fashionpost.jp/archives/16565

    [ ブランディングニュース ]

    NESPRESSOのブランディングとデザイン

    ネスプレッソブティック表参道店にて。
    つい先日、日本初の路面店をオーク表参道にオープンするなどプロモーションを含めた露出が目立つNESPRESSO。
    オープニングディスプレイは、今をトキめく”清川あさみ”氏のデザインによるもの。
    プロダクトやパッケージ、取説もデザインが秀逸で何より手軽で美味しい。今後の動向から目が離せない。

    http://www.nespresso.com/jp/ja/pages/nespresso-boutiques

    [ ブランディングニュース ]

    未来の仕事場@Creative Lounge MOVにて

    オランダ人デザイナー: Jurgen Bey
    早くから未来の仕事場について考え、Progressive Officeという概念で先進的なオフィス空間を彼は提案してきました。
    通信環境の発達、仕事の仕方の変化に伴い毎日同じ仕事場で自分専用の席について仕事をすることが少なくなってきた今、どんな条件が整えばそこが仕事場となりうるのでしょうか。
    展示の一部でもあるモデルさんにお話をお伺いすると今日1日ここで仕事を行いましたが以外と快適とのこと。
    重要なのは仕事場以上に働き方のような気もしますが。(笑)

    http://www.prooff.com/