期間限定のブランド名とデザイン。その戦略とは? | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2017年10月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • BACK

    期間限定のブランド名とデザイン。その戦略とは?[ ブランディング開発論/手法 ]

    ビール業界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブは米国内で販売する「バドワイザー」のブランド名称(ネーミング)を23日から11月の米大統領選までの期間限定で「アメリカ」に変更すると発表した。ラベルに筆記体で書かれた「バドワイザー」の文字を「アメリカ」に変え、国歌「星条旗」と愛国歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」の歌詞を配置。16オンスの缶と瓶、25オンスの缶には自由の女神も載せる。米国とバドワイザーが共有する自由と真正さの価値をたたえようと消費者に促すためのキャンペーンだという。

    ==================================================

    ラベルデザインの主な変更内容

    • 名称  :BudweiserからAmericaに変更
    • 社名表記:ロゴデザイン上部にある「AB」アンハイザー・ブッシュの2文字も「US」に変更
    • コピー :最下部のメーカー名「ANHEUSER-BUSCH. INC.」から「LIBERTY & JUSTICE FOR ALL」に変更
    • 期間  :5月23日から11月の米大統領選まで

    「LIBERTY & JUSTICE FOR ALL」これは国家への忠誠を宣誓する「忠誠の誓い(Pledge of Allegiance)」に登場する「万民のための自由と正義」という有名な一節。つまり、アメリカの愛国心を一身にまとうデザインに変更されたということです。

    ブランディングの意味と真の目的

    米国で120年の歴史を持つバドワイザーは、一度は世界で最も売れているビールの座を手にしたものの1989年以降は売上が減少し2008年には、製造元のアンハイザー・ブッシュがベルギーのインベブに買収された。バドワイザーの凋落には、いくつかのトレンドが影響している。より健康的で「飲みごたえがより薄い」と認識されている「ライト」なビールの台頭。そして最近で言えば、クラフトビールの台頭である。ミレニアム世代の半数以上が、バドワイザーを一度も飲んだことがない。米国人が、ビールの代わりにワインや蒸留酒を飲むようになっていることも大いに影響している。アンハイザー・ブッシュとしては、とにかく話題づくりをしバドワイザーに興味を持ってもらいたいのである。