ブランディングを成功させる5つの手法 | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2017年10月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • BACK

    ブランディングを成功させる5つの手法[ ブランディング開発論/手法 ]

    「失敗は成功の母」発明の神様と言われるエジソンが残した名言である。この言葉は確信をついている名言なのですが、いくら失敗しても成功できない人がいることも事実です。
    では、成功している人と、失敗し続ける人では一体何が違うのでしょうか。

    ビジネスにおいての「成功」というと、やはり設定された数値目標の達成、たとえばそれが売上目標、認知度、ページニューなど指標は様々ありますが明確でわかりやすい形が望まれます。しかし、ブランディングという行為自体は「ブランド」の文化・歴史によって指標がバラバラになってしまうため、どうしても明確な数値目標が取りにくいといえます。 その為、無理に指標化してしまう事で、本来図るべき目標を見誤り、最終的なゴールを見失ってしまう可能性があります。では、どうすればブランディングを「成功」させられるのでしょうか?

    ==================================================

    手法① ブランディングの目的・ゴールの設定と定義化

    • ブランディングのゴールを設定しプロセスを具体化すること
    • 自社のブランドを深く理解し明確に定義化すること

    ブランディングの目的とゴールが明確でなければ、どこに向かって、どのように、どう走れば良いのか分かりません。これでは非効率でコストや工数、人材がいくらあっても足りません。問題は何よりも成功の確率が低いということです。そのためには、課題や問題を整理しブランディングの明確なゴールを設定したうえで目的や達成に向けての施策やスケジュールを練り上げ共有することが必要不可欠なのです。ブランディングとは、ブランドを確立するための企業活動の一貫です。ユーザーにどういう経験をしてもらいたいのか、どういうイメージを持ってもらいたいのかを定義し活動することが重要です。つまり、ブランディングのゴールは、企業が思い描いたブランドイメージをユーザーにもってもらうことなのです。よって、ブランディングをはじめるにあたっては、企業がどういうブランドを目指すのかを整理し、それを経営者をはじめ、社員全員が共有し日々の企業活動に生かすことが成功への一歩なのです。

    手法② ブランディングの本質を明確化する

    • 表層的にモノゴトを捉え判断しないこと
    • 主観でなく客観的に全てを判断すること

    好き嫌いでモノゴトを語ったり判断していませんか? 流行りや短期的な視野でモノゴトを見ていませんか?これでは臭いものに 蓋をしているのと同じことなのです。 「強み」は伸ばせば良い、「弱み」は認めて改善策を練れば良い。実に単純な話なのです。 それこそが「本質の明確化」であり「独自のらしさ」を見極める一歩なのです。そのためには競合企業や市場環境、ビジネス モデルなど経営を深く理解するためのビジネスセンス。そして、社会や時流を直感的にとらえるための敏感なセンシビリティの 両方が必要不可欠なのです。

    手法③ ブランディングの長期的な視点

    • 経営理念・ビジョンに基づいていること
    • 時流を読み未来を予測すること

    企業の不変的な「志」として経営理念・ビジョンがあります。それを「実現」するためには経営戦略があり、その経営戦略 を実践するために個々の事業戦略があります。企業を成長させていくには、そのひとつひとつの活動が成長に向かっていくよう 計画することが必要です。そして「未来を予測する」こと。「時流」を読むこと。決して容易なことではないのですがデータ から読み取ることができる情報も沢山あります。例えば業界動向、競合調査・分析を徹底することも解決策の1つなのです。 そして、重要なのは「目先に捉われ過ぎないこと」一番陥りがちなのではないでしょうか。

    手法④ ブランディングの社内浸透と実行力

    • インナーブランディングを徹底すること
    • 主体性をもって実行に移すこと

    インナーブランディングという手法があります。それは、アウターブランディングと異なり、企業が自社の従業員に対して企業ブランドの価値やビジョンを理解させる活動を指します。企業が成長するためには、アウターブランディングと合わせてインナーブランディングを行うことがより効果的です。インナーブランディングを通して、従業員一人一人の意識が変われば、仕事に対する取り組み方や考え方も変わります。長期的に見れば、やがて製品やサービスの品質向上、従業員の業務効率向上などに効果を発揮するでしょう。インナーブランディングを実施するメリットには、従業員満足度の向上、従業員の不適切な行動による企業イメージの毀損の防止、製品やサービスの品質向上、業務効率の向上、顧客対応の改善などが挙げられます。やらされているという意識があるうちは成功はありません。大切なのは何故取り組むのかを正しく理解し主体性を持って行動することなのです。端的に表現すると「圧倒的な当事者意識」です。この言葉が示す通り、全ての結果は意識の差だと思います。そして、それに伴う責任感をしっかり持ち続けることこそが成功への近道なのです。

    手法⑤ ブランディングへの情熱

    最後は結局「情熱」なのです。情熱無くして成し得る成功はないからです。情熱なくして成功したものは所詮その程度のもの。 では、どうすれば情熱が注げるか?それは単純で、魅力のあるプロジェクトでありブランディング活動にするだけのことなのです。人生にとっての「失敗」は、次への大きな一歩であり成長の機会だと思います。しかし、ことビジネスにおいては甘いことばかりではないように感じます。

    関連記事

     > 企業のブランド戦略とは(手法と展開事例)

     > リブランディングの重要性と展開事例

     > ブランディングデザインの考え方

     > インナーブランディングの手法と社内浸透