菊池敦展へ(デザイン展) | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2017年10月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • BACK

    菊池敦展へ(デザイン展)[ BLOG ]

    青森県立美術館のVI計画や、「サリー・スコット」「ミナ ペルホネン」のブランド計画やデザイン、雑誌『「旬」がまるごと』や『装苑』のエディトリアルデザインなどを手がける、アートディレクター/デザイナーの菊地敦己。美術大学の彫刻科在学中から、コンテンポラリーアートのプロデュースやグラフィックデザインの仕事を始め、早くからアートとデザインの世界に関わり、「芸術と社会」を見つめた独自の活動を続けています。本展は、“Creation Is Free. Production Needs Fee.”と題し、特設ウェブサイトとギャラリーで構成されています。ウェブサイトでは、色やサイズなどをカスタマイズできるデザインオブジェクトのデータがダウンロード可能な状態で公開されており。一方のギャラリーでは、実際にそれらのデータを使用したポスター(作品)とTシャツ、ノート、マグカップ、トートバッグ、マッチなどのグッズ(商品)が展示されます。インターネットやSNSの普及により、画像やデータが簡単にシェアされ、あっという間に世界中に拡散される現在、「クリエイションはフリー(自由/無料)なのか? グラフィックデザインとは何か?」を考え、問いかける展覧会です。

    http://atsukikikuchi.com/