6月 | 2015 | ブランディングデザインの会社チビコのサイトです

Branding Design

BLOG

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2017
    • 2016
    • 2015
    • 2014
    • 2013
  • CATEGORIES

  • 2015年6月
    « 1月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • BACK

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    % Arabica@東山(カフェブランディング)

    世界一美しいコーヒーが楽しめる店。八坂の塔を背に坂を下ると、透明感あふれる近代的な外観と木の温もりを感じさせる場所がある。そこは世界60カ国以上を旅したオーナー東海林克範が厳選したスペシャルティーコーヒーを扱う店%Arabica。最高のコーヒーを提供する為、ハワイに農園を所有し世界中からスペシャルティコーヒーを貿易し世界最高峰のエスプレッソマシンの海外輸出元を務めるなどコーヒーの総合商社としての一面も。

    そんなこだわりの一杯をラテアート世界チャンピオンの山口淳一バリスタの美しいラテアートと共に楽しむことができました。(美味しそうに撮影してくださいねw。山口氏談)

    味は勿論、フレンドリーなスタッフとの会話やこだわり抜いたプロダクトに囲まれた空間で過ごすひと時は最高です。機会があれば是非、オススメです。

    http://www.arabica.hk/#

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    河合寛次郎記念館@東山(京都)

    住まい兼仕事場を訪ねて。日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し、活用する民藝運動。その中心的人物が柳宗悦、濱田庄司そして陶工・河井寛次郎である建物のみならず、館内の家具や調度類もすべて寬次郎のデザイン、あるいは蒐集によるもので、それぞれが個性を発揮しつつも、不思議な統一感と世界観を生み出し当時の暮らしや制作現場、空気までもが感じ取れるまさに異空間でした。

    寛次郎が残した言葉「暮しが仕事、仕事が暮し」の意味を噛み締めつつ
    創作意欲が掻き立てられる貴重な時間を過ごすことができました。

    http://www.kanjiro.jp

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    くるみの木@一条(奈良)

    カフェ文化の先駆け。奈良の中心地から少し離れた線路沿いの、のどかな場所に佇む「くるみの木」。
    緑深い敷地内には、生活道具や食材が並ぶ「cageカージュ」着心地の良い服や小物が並ぶ「ノワ・ラスール」の
    2つの雑貨店とケーキ工房が併設されています。

    オーナーは空間コーディネーターとしても知られる石村由起子さん。
    カフェという概念がまだ無かった30年も前から自然を取り入れたライフスタイルを提案。

    ランチがおいしいと評判なのですが、、、間に合わなかったので次回は是非。

    http://www.kuruminoki.co.jp/ichijyo/

    [ ブランディング研究/リサーチ ]

    奈良、京都、ときどき大阪

    [ カメラマンとして撮影の旅へ ]

    依頼があるとシャッターを切ることがあります。
    少し前にも会社案内・WEB用のポートレートと施設外観の撮影に伺いました。
    今は現場での画像確認や後処理が容易なので昔と比べると少しプレッシャーからは解放された気がします。
    今回は自由な時間もあるのでいつもとは違う場所へも足を運ぶつもりです。
    また戻りましたらご報告させていただきます。お楽しみに。

     

    [ ブランディング開発事例 ]

    ミナカケル@スパイラルガーデン

    [ ブランド設立20周年の展示会へ ]

    敬愛する皆川明さま。
    初めてお会いしたのは今から15年程前のことで私がまだ20代の頃でした。
    お見受けする印象とは裏腹にとても情熱的で芯のある方でした。
    その後、何冊も著書を拝読させていただいたのですが
    中でも特に影響を受けたのが松浦弥太郎監修「ミナを着て旅に出よう」でした。
    この中では、学生時代の挫折や洋服を作りながら築地でのバイト生活時代のことなどが書かれています。

    何よりも共感したのは、ファッションデザイン業界の慣習に対するアンチテーゼです。
    何故、洋服は半年毎にセールをし自らの価値を下げるのかという疑問に対して
    「一度生まれたものは貴重な財産として、常に蓄積した状態でありたい。そして、今迄に生まれた柄を再度作り直して
    新しい洋服を作ること、そしてセールは絶対しない」と言う考えを実践されていることです。

    「100年以上続くブランドをつくる」という皆川さんの決意が
    存分に体感できる素晴らしい展示会でした。

    https://kinarino.jp/cat6-ライフスタイル/4384-実は凄い苦労人%E3%80%82ミナペルホネンの皆川明さんの歴史